ブログ
BLOG

HOME > ブログ > 終活(デジタル終活は必要?)【やなぎ社会福祉士事務所】

ブログ

終活(デジタル終活は必要?)【やなぎ社会福祉士事務所】

パソコンやスマートフォンには多くのデータが保存されているかと思います。高齢者本人が自身の死後に備え、データの扱い方を考えて整理し、不要なデータを削除し、必要なデータを保存しておくことをデジタル終活といいます。
本人の死後に情報漏洩が起きてしまった際などに何も情報を把握できていないと、大きな問題に発展する可能性があります。
そういった場合には、家族にとって大きな負担となってしまうことから、デジタル終活は積極的に進めておいたほうがいいでしょう。

デジタル終活のメリット3点

1:お金に関するトラブルを避けることができる
オンラインの銀行にお金を預けている場合、本人の死後に通帳が遺らないため、デジタル終活を行っていなかった場合、どの銀行の口座に預金が残っているのか分からなくなる可能性があります。

2:個人情報を守ることができる
利用していないサイトやSNSのアカウントは削除して、利用しているサイトやSNSのアカウントについては家族に知らせておくことで、個人情報の漏洩のリスクを減らすことができます。

3:プライバシーを保護することができる
パソコンやスマートフォン、タブレット端末には大切な写真や思いを綴った文章などがたくさん残っているかと思います。

家族の負担を軽減するためにも早めのデジタル終活をやりませんか
インターネットを介したサービスの拡大が進む中、デジタル化したデータは重要なものが増えています。死後のことや終活について、まだ先のことだと考えて先延ばししていると、大きなトラブルに発展し、家族に負担をかけてしまう恐れもあります。デジタル終活は、パソコンやスマートフォン、タブレット端末などでの簡単な作業がメインのため、時間があるときに取り組みやすいでしょう。元気なうちに少しずつでも進めておくことをおすすめします。

最後にデータバックアップについて
…なかなかできないのが人間の常です。ハッキリ言って一度痛い目にあわないとやりません。定期的にまめにバックアップしている人は少ないのではないでしょうか。もしバックアップをまめに行っているならデジタル終活は簡単です。

「ある日突然パソコンやスマホは壊れます…だって機械ですから」

ちなみにどうしてもならお金をかけてプロの専門業者に任せればデータを取り出せることもありますが...
あなたのスマホにはそんなに大事なデータが入っているのですか…子供の写真、家族の歴史、仕事の書類...
確かに思い出やビジネスは大事です、でもそれがないとあなた死んでしまうのですか?

「デジタル終活はしなければしないで何とかなるはずです」

…だって大地震、大津波、大火…データより命が大事ですよね。
デジタルよりアナログ、何があろうとなかろうと一番大事なのは生の人間です。
デジタル終活をしても大きな天災があればすべて消滅です。

でも覚えておいてください。生きてさえいればなんとかなる。

埼玉県比企郡で終活を始めるならやなぎ社会福祉士事務所へ

SHAREシェアする

ブログ一覧

HOME > ブログ > 終活(デジタル終活は必要?)【やなぎ社会福祉士事務所】

© 2022 やなぎ社会福祉士事務所