ブログ
BLOG

HOME > ブログ > 身元保証から始まる「終活ガイド」の役目とは(やなぎ社会福祉士事務所)

ブログ

身元保証から始まる「終活ガイド」の役目とは(やなぎ社会福祉士事務所)

終活ガイド

身元保証から始まる「終活ガイド」の役目とは(やなぎ社会福祉士事務所)

これからの公共福祉サービス提供の鉄則
・単品サービスの切り売りは止めるべき
・サービスに切れ目があってはならない
・誰一人として取りこぼしてはならない
・窓口は一つに統一しなければならない
・地域支え合いを支える脇役となるべき

やなぎ社会福祉士事務所が行う身元保証サービスは、現在の日常生活支援サポートから、老後の安心サポート、さらに万が一の時の死後事務までを見据えた人生の一連の流れに即した生活支援トータルサポートの入口となるものです。

1.身元保証人とは
安易になるものなれるものではありません。多くの対応や責任のある役割を求められます。誰にでも頼めるものでもありません。名前を書くだけで終わりではありません。

2.身元保証人が必要になるのはどんな人
お子様のいないご夫婦、お子様と疎遠な方、身寄りのない方、家族に迷惑をかけたくない方

3.身元保証はどんなときに必要
生活の支援、施設への入居時、医療の同意、病院への入院時、ご本人が亡くなった時、葬儀・供養の手配、死後事務手続き

4.死後の事務手続きはどんなもの
葬儀供養、費用の支払い代行、住居の明け渡し、遺品整理、行政手続き

5.身元保証人になれる人なれない人
✕高齢の配偶者、✕高齢の兄弟、✕遠方の親戚、✕後見人、○健康なご家族・近くの親戚

6.身元保証のために契約
任意後見契約、事務委任契約、公正証書遺言、財産管理契約、死後事務委任契約、これらは身元保証人がいても契約しておくことをお勧めします。

・身元保証人がいるからもう安心…ではありません。
・成年後見人は身元保証人になることはできません。
・死後事務に関して成年後見人では基本できません。
・介護保険でヘルパーができることできないことがあります
・制度の狭間やサービス提供の条件から漏れた人を誰が救うのか
・経済的困難で制度を利用できない人を誰がサポートするのか
・日常のちょっとした困りごとや悩み解決を誰にやってもらうのか

以上を総合的に調整できるジェネラリスト的存在が必要なのです。それができるのが「終活ガイド」なのです。

『終活ガイドの役目は…』
終活は、幅広く、保険や相続、介護、お葬式お墓、生前・遺品整理など多岐にわたっています。以上のように、日常生活のお困り事からご逝去後までのサービスとなると多種多様のため、1つの窓口では対応しきれません。やなぎ社会福祉士事務所の「終活ガイド」による総合相談窓口では、全ての問題を一気通貫型(最初から最後まで解決に至るまで一つの窓口で流れを作る)で解決に導きます。

「終活」をやりたいけど何からはじめて良いのかわからないという方のために、「終活ガイド」は存在します。「終活ガイド」は、一般社団法人終活協議会の資格をもつ終活のプロです。終活協議会とは、全国に数千の専門家や提携会社を持っている全国総合終活サービス会社です。

やなぎ社会福祉士事務所は終活協議会と連携してお互いを補い、サポートし合いながら、地域密着で終活サポートとしてみなさまの日常生活支援をしています。だからやなぎ社会福祉士事務所の「終活ガイド」は、お客様の一生涯にわたる終身サポートを隅々まで切れ目なくトータルで提供できるのです。

一般社団法人終活協議会のページへ(突然のケガ・病気・認知症、高齢での一人暮らしが不安な方)

SHAREシェアする

ブログ一覧

HOME > ブログ > 身元保証から始まる「終活ガイド」の役目とは(やなぎ社会福祉士事務所)

© 2022 やなぎ社会福祉士事務所